指輪探しをする

ペアグラスとブーケ

ダイヤモンドに対して非常に強い憧れを抱く女性は多いものです。それはダイヤモンドほど固い鉱物がこの世の中になく、その過多さが愛の固さと擬えられるからなのです。そのため女性は人生に一度は愛する男性から非座間月、ダイヤモンドリングを差し出されプロポーズされたいと願っているものなのです。女性は欲深いものでダイヤモンドは大きければ大きいほど良いと考えがちです。そのため1カラットアップのダイヤモンドを婚約指輪としてもらいたいとする願望を抱く傾向にあります。しかし実際の相場は0.3カラットアップ程度の比重のダイヤモンドが婚約指輪として用いられるのが一般的です。しかしダイヤモンドの重みに関してはその時代の景気にも大きく影響されるのです。

こうした婚約指輪の価格相場についても非常に気になる事だと言えます。近年はダイヤモンドのニーズの高まり、ダイヤモンドの採掘量の激減によって希少性を高めており、ますます価格が高騰しているのも事実です。そのため0.3カラットでプラチナの台座のものでも40万円前後の費用がかかることを心得ておく必要があります。1カラットアップのダイヤモンドでプラチナ台であれば100万円をくだらないとも言われているのです。しかし誰しも予算に限りがあるので、ダイヤの大きさを生かすのであればその台座を安い素材にし予算内におさめるという方法もあるのです。ホワイトゴールドやシルバーの台座にすれば多少婚約指輪の費用を抑えることが可能になるのです。