結婚式のスタイル

パールのネックレス

人生の晴れ舞台である結婚式ですが、最近では折角だから個性的な結婚式を挙げたいというカップルも増えています。 そうした個性を求めるカップルに注目されている結婚式のスタイルの一つに、神社や神殿にて行われる神前式があります。 キリスト教式の結婚式が一般的な現状で神前式は個性的であることと、日本らしさを見直す動きが高まっていることも相まって人気があります。 一方キリスト教式の結婚式に比べてなじみが薄いために、実際に係る費用の傾向などを把握しづらい人もいると思います。ここで少し費用の傾向を見ていきたいと思います。 挙式費用としてはその他の結婚式などと比べて特別違うということはありません。ただし、ドレスに比べると和服は着付けに手間がかかる分、平均して若干高めなことは言えます。更に頭に文金高島田に結ったかつらを被ることが多く、こちらがヘアメイク代として意外と高額になっています。ただし、全体を通した費用は一般的には教会式よりも抑えて挙式できるといわれています。

日本らしい結婚式として現在人気を集めている神前式ですが、現在のような神前式はいつごろから始まったのでしょうか。ここではそんな神前式の歴史をみていきます。 日本の伝統的な結婚式として紹介されることも多い神前式ですが、実はその歴史は比較的新しいものです。 そもそも結婚の価値観やスタイルは時代と共に変化していて、結婚式も また時代に合わせて変化しています。 そうした中で近代における伝統的な日本の結婚式といえば、主に自宅に親族などを招いて行われる今で言うところの人前式が通常行われる結婚式のスタイルでした。 そうした時代でも場所によっては神前式に近いスタイルの結婚式が行われていたこともあったようですが、明治33年に後の大正天皇が皇太子の折に宮中賢所で結婚式を行ったのを契機に広く国民に神前式が知れ渡る事となりました。